花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

佐賀県・佐賀

佐賀県の遊里跡、佐賀を探索してきました。
夜の女性街・全国案内版によると、葉隠の佐賀市はまったくうま味のない街。芸者も繁華街の松原町辺りにおり、赤線も東佐賀駅に近い今宿橋を渡った新地二箇所総計一五〇名程度の女性がいるが余り薦められない。と記載され、それより、松原神社周辺の呑み屋の方が面白い遊びが出来るともある。

↓長崎街道佐賀宿、近代庶民生活誌佐賀遊廓に記載されている、北川副村、今宿町界隈には当時の面影を見つける事が出来ませんでしたが、長崎街道に当時の名残りこ残す思案橋(新しく架け替え)が残っていました。

2007_0628_132804AA.jpg

↓佐嘉神社、松原神社界隈の町並み

2007_0628_142752AA.jpg

2007_0628_142411AA.jpg

2007_0628_142901AA.jpg

2007_0628_143429AA.jpg

↓佐嘉神社裏手の呑み屋街
松原親和通りとなっていました。

2007_0628_144022AA.jpg

2007_0628_143646AA.jpg

↓親和通りはまるで迷路のように呑み屋街が軒を連ねていますが、
空き地も多く、再開発の対象になりつつあります。

2007_0628_144500AA.jpg

2007_0628_144357AA.jpg

2007_0628_144603AA.jpg

↓松原町界隈に在った旅館玉荘、お玄関まわりは洋風ですが、間口が狭く奥行きが深い、うなぎの寝床のような造りになっています。

2007_0628_144109AA.jpg

2007_0628_144038AA.jpg

2007_0628_144635AA.jpg

2007年6月28日





関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する