花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

北海道・定山渓温泉

北海道の遊里跡、定山渓温泉を探索してきました。
「夜の女性街・全国案内版」によると、札幌からバスで1時間。紅葉時は超満員で虐待されるから注意のこと。芸妓・本州の喰いつめもの芸妓二七名。一座席550円。泊まり2200円。味なし。とあるからに、早い話観光シーズンはお値段高めぼったくりだったのでしょうね。
現在の定山渓温泉は歓楽色は殆どありませんでした。

只、昭和遺産の名残「北海道秘宝館」が廃墟のごとく建ち残っている事が凄い。
「北海道秘宝館」で検索すると数件ヒットします。敢えてリンクは引きませんので、興味のある方は「北海道秘宝館」で検索してみて下さい。閉館する前の館内画像、2011年閉館後画像を見る事が出来ます。
今回はうんちく排除、最新(廃墟化)2014年の北海道秘宝館の画像です。

↓新緑の季節になりました。冬に訪れるともっと寒々しい雰囲気を味わえるかも知れませんね。

2014_0627_111429AA.jpg

↓昭和55年6月建立の「御涙観音」がお出迎えしてくれます。

2014_0627_111942AA.jpg

↓訪れたのが6月なので、開眼三十五周年供養も兼ねたのかも。

2014_0627_111459AA.jpg

2014_0627_112034AA.jpg

↓廃墟化はかなり進行しているようですね。

2014_0627_111626AA.jpg

↓比較的綺麗な土産物売り場跡、廃墟というより略奪か泥棒に入られた様子。
他の方のサイトを見ると2010年に泥棒に入られ、マリリン・モンロー、蛇が裸体に巻きついた女性のロウ人形、ベリーダンス人形、道祖神2体が盗難にあったとか、でも等身大の蝋人形を持ち出してどうするのでしょうかね?
開運の名刺も涙観音お守りも御利益なさそうです。

2014_0627_111522AA.jpg

↓入場券売場の中を覗くと、電卓などの事務用品等が散乱。営業をしていた頃のまま時がとまっていました。
地元ヤンキー描いた落書きが魔除けのようです。

2014_0627_111557AA.jpg

↓中でも1番ギョッとしたのが、入口付近に無造作に置かれた剥製。ダチョウはともかく、
狐か犬?は死骸かと思いました。動物コービの展示物だったのでしょう。

2014_0627_111612AA.jpg

入口が開いていたのでちょっとだけ覗いて見ました。
建物が渓谷の傾斜地に建てられているせいか、下から霊気とも言えぬ冷たい風が吹いて来るのです。

2014年6月27日










関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する