花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

北海道・余市

北海道の遊里跡、余市を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、汽車は余市駅へ下車する。乗合自動車又は馬車の便がある。貸座敷は現在五軒、娼妓は二十人位居る。とあるからに駅前ということはないはず。もっと海側なのかと思いましたが、特定は出来ませんでした。
只、駅から程近くの場所に呑み屋が多く集まる歓楽街がありました。



情報は2014年とちょっと古いですが、スライドショーにまとめてみました。

2014年6月27日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop