花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

山口県・防府

山口県の遊里跡、防府を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると、山陽線三田尻駅(昭和37年防府駅に改称)より南へ十丁、三田尻港からは二丁の処とある。
町名変更で現在は三田尻3丁目辺り、バス路線もあるようだが、
今回は防府駅よりレンタサイクル利用(1時間200円)しました。

↓旧遊里跡入口にありがちな交番(駐在所)。
この交番前の路地を入るとUの字型の路地になっていました。

2014_0905_111931AA.jpg

↓ごく普通の住宅街の中にスナックの屋号らしき看板を見る事が出来ます。

2014_0905_121611AA.jpg

2014_0905_121539AA.jpg

↓他の方の訪れたサイトを見ると、朽ち果てたスナック廃屋、看板も見うけられましたが、
現在は空き地も多かった。

2014_0905_121738AA.jpg

↓廃屋スナックの1軒。

2014_0905_121830AA.jpg

↓現在は生活感のないお宅。建物の造りからしてかつては旅館か料亭だったのでしょうか?

2014_0905_122103AA.jpg





↓萩往還とは、萩城下町から瀬戸内海の海港・三田尻迄を結ぶ全長53kmの街道なのですね。

2014_0905_113430AA.jpg

↓三田尻の遊里跡と三田尻銀座は隣接しているものと勘違いしていました。
距離的には700メートル位駅寄りになりますか。
「マイマイ新子」でも映画館ありかなり賑わっている様子がうかがえますが、
現在はひっそりとごく普通の住宅街になっているようです。
ジプシーローズの終焉の地、スナックジプシーが在った場所ともされています。
たまたま手もとにあった広岡敬一著「昭和色街美人帖」にもスナップショットが載っていました。

2014_0905_113251AA.jpg

2014_0905_113630AA.jpg

↓界隈のお宅。一般のお宅にしてはちょっと不思議な感じですが、
生活感がなかったのでデジカメ失礼。

2014_0905_113301AA.jpg

↓駅前に戻り、天神町銀座商店街をぶらり。
昭和35年頃の商業地図がありました。
ここも萩往還なのですね。

2014_0905_103348AA.jpg

↓商店街北から斜めに入る路地が気になり(当時は川が流れていたのかな?)、
歩いてみましたが、記載されている旅館は殆どなく、1軒の旅館のみが現在も割烹として営業中。

2014_0905_103754AA.jpg

↓駅の近く高架下界隈の呑み屋街。

2014_0905_104219AA.jpg

2014_0905_104234AA.jpg

~~ツタヤレンタルにて「マイマイ新子と千年の魔法」を観てみました。
ストーリーはとても穏やか。バス停、地名等々、地図に当てはめていくとお探しものの解明が出来るかも?
アニメですが、映画館シーンは三田尻銀座、ラスト呑み屋歓楽街は遊里跡と想像出来ます。
地元の方、違っていたらごめんなさい。
アニメは歌舞伎の書き割りみたいで、跡の想像を再現してくれますね。
実際どうだったか等、どうでも良いことです。~~


2014年9月5日



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する