花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

長野県・上田

長野県の遊里跡、上田を探索してきました。
上田の遊里、常盤城遊廓は上田市花園に在ると記載されていますが、場所特定が出来ず、知ったのは帰宅してからの事でした。「上信線上田駅で下車し市電ににて花園停留場で下車とある」と記載されています。現在上田市に市電は走っていませんが、バス停として花園の名は残っています。
実際花園/常盤城界隈を探索することは出来ませんでしたが、帰宅後地図サイトで見てみても余り名残のなさそうな町並みでした。再度機会があれば探索もしてみたいです。
それとは別に駅から程近い袋町、大工町に現在上田の歓楽街がありました。

↓上田なのに「花やしき通り」、「あさくさ雷門ホール」?と謎のエリアに遭遇。

2015_0126_115749AA.jpg

2015_0126_094146AA.jpg

2015_0126_094245AA.jpg

↑↓此方の「上田映劇」は現在ではレンタルホールとして使われています。
あさくさ雷門ホールの名称は映画「青天の霹靂」ロケセットの名残だったようです。

2015_0126_115852AA.jpg

↓それにしてもこのストリップ劇場のテントの破れ、寂れ具合が本物と見分けがつかないほどの出来のよさです。

2015_0126_094315AA.jpg

↓上田映劇を北上、79号線を渡った辺りが袋町。
現在上田の歓楽街になっているようです。

2015_0126_094732AA.jpg

2015_0126_094854AA.jpg

2015_0126_094915AA.jpg

2015_0126_095042AA.jpg

↑↓界隈商業地図

2015_0126_095425AA.jpg

上田からの続き。
坂城町遊郭を探索してきました。
かつては北国街道の宿場町坂木宿。
宿場女郎(飯盛女)の時代には娼家が六十戸もあったとある(全国遊廓案内)。
現在、街道筋には数軒の趣のある建物を残すのみ。
余り名残は残っていなかった。

↓京王高速バス新宿~長野便にて千曲川さかきバス停下車。
誰も下りなかった高速バス停にてしなの鉄道坂城駅を目指します。
2キロ強徒歩25分位。

1438736808717.jpg

↓ぶどう畑を通り抜け、坂城駅に到着しました。

2015_0805_113424AA.jpg

↓出発まで時間があるので、ちょっと坂城の街を探索します。
まずは、坂木宿 ふるさと歴史館(にて情報収集。

2015_0805_113236AA.jpg

↓北国街道坂木宿の町並みは本陣より「大門町」「新町」と成り立っていたようです。

2015_0805_112131AA.jpg
(坂木宿 ふるさと歴史館)

2015_0805_112335AA.jpg
(坂木宿 ふるさと歴史館)

↓現在大門町、新町には数軒の古い建物を残すのみ、
名残は殆どありませんでした。
坂城宿の町並み。

2015_0805_104410AA.jpg

2015_0805_104454AA.jpg

2015_0805_110432AA.jpg

2015_0805_104603AA.jpg

↑↓正面の鳥居が坂城神社です。

2015_0805_105157AA.jpg

↓坂城神社の玉垣には上田遊廓が寄進したと思われる、
貸座敷の銘が刻まれていました。

2015_0805_105308AA.jpg

2015_0805_104950AA.jpg

2015_0805_105417AA.jpg

↓オマケ・鹿教湯温泉
今回のお宿は信州鹿教湯温泉。
歓楽温泉街ではありませんが、湯治場としての温泉街風情が感じられました。

1438760530437.jpg

2015_0805_143216AA.jpg

2015_0805_143331AA.jpg

2015_0805_172112AA.jpg

2015年1月26日・2015年8月5日








関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する