花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

山形県・瀬見温泉

以前から宿泊したいと思っていた瀬見温泉喜至楼に宿泊してきました。
遊里跡だったかどうかは分かりませんが、明治、大正、昭和と増築された風格ある佇まいは、
宿泊しているだけで愉しい宿でした。

↓時刻表の薄い陸羽東線です。
古川~鳴子温泉と途中下車しお昼過ぎに到着しました。

2015_0630_154700AA.jpg

↓温泉街は徒歩圏内、喜至楼は陸羽東線からも望むことが出来ます。
本館玄関と今回宿泊した部屋のある左側の建物。
1階は浴室になっています。

2015_0630_165956AA.jpg

2015_0701_100038AA.jpg

↑↓フロントのある別館でチェックインして本館宿泊棟まで、館内は迷路のようです。

2015_0701_100055AA.jpg

↓お部屋は湯前神社を望む二階の角部屋でした。

2015_0701_100201AA.jpg

2015_0630_170142AA.jpg

↓館内別館フロントから本館へ続く廊下、昭和30年代の写真が飾られていました。
大宴会場では菊人形展の催しあったようですね。

2015_0630_172308AA.jpg

2015_0630_172415AA.jpg

↓此方の火鉢も冬場お部屋の暖をとる為に使用していたのでしょう。

2015_0630_172647AA.jpg

↓本館の廊下と2階からの眺め。ちょうど本館玄関の真上になりますね。

2015_0630_172545AA.jpg

2015_0630_172731AA.jpg

↓そして本館のお玄関。女将の「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」。
随所に遊び心満載です。

2015_0630_171053AA.jpg

2015_0630_171459AA.jpg

2015_0630_171233AA.jpg

2015_0630_172846AA.jpg

↓オマケ・今宵の夕食
今回の宿泊は本館有り有りで6000円+税。素泊まりが4000円、朝食付き4400円なので、
夕食難民にならぬよう有り有りがベストですね。
シンプルながら、このお値段だったら満足です。
しかも濾過循環無しの温泉付きですから。

2015_0630_181604AA.jpg

2015年6月30日



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する