花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

北海道・洞爺湖温泉

北海道の遊里跡、洞爺湖温泉を探索してきました。
洞爺湖温泉の情報はネットで少々、「夜の女性街・全国案内版」で少々。
まあ、何も名残はなくとも温泉浸かれば気分は爽やかですからね。
温泉街も東西2キロ程なので、探索するにはちょうど良い広さです。

↓西側のバスターミナルからスタートです。
写真スポットの洞爺湖看板。

2015_1112_123808AA.jpg

↓湖畔側には全長約1.8キロの遊歩道も整備されているので、
晴れた日には最高のお散歩日和(画像は遊歩道東側)。

2015_1112_112626AA.jpg

↓昭和30年代の遊里情報だと芸妓四名に酌婦六九名。
共に花代1時間220円、泊り2000円とある。
やはり歓楽温泉街も兼ねていたのでしょう。現在もナイトスポットのスナック等は温泉街の外れ、
東側に集まっているようです。
その中の一棟、「銀座新地」という呑み屋街。

2015_1112_101526AA.jpg

↓数軒の看板を見る事が出来ますが、現在では1店舗のみ営業をしているようです。

2015_1112_101644AA.jpg

2015_1112_101702AA.jpg

↓湖畔側から銀座新地を望みます。
中央センターライン正面が銀座新地、道路拡張した感じですね。

2015_1112_105915AA.jpg


↓かつては○○小路とか銀座新地のような呑み屋街だったと思われますが、
現在は新しいテナント呑み屋街に変わっていました。

2015_1112_102647AA.jpg

2015_1112_102742AA.jpg

↓この小路もスナック街だったような気配ありますね。

2015_1112_104656AA.jpg

↓もう一寸先に進んでみましょう。

2015_1112_103316AA.jpg

↓温泉街終点にはポツンと廃屋スナックが。

2015_1112_103506AA.jpg

ネット情報だと以前はストリップ劇場もあったようです。
「洞爺OSミリオン座」北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉1-8 
とあり、地図サイトで検索してみるとやはり東の外れ。
建物自体は現存していないと思われますが、唯一アップされている方の画像を見ると、
近くの観光温泉旅館「洞爺湖畔亭」の屋根を望むことが出来、歩道も完備されているので、
幹線道路沿いに在ったのではないかな。

↓温泉街商業地図

2015_1112_104512AA.jpg

2015年11月12日



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する