FC2ブログ

花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

三重県・鳥羽

三重県の遊里跡「鳥羽」を探索してきました。


2018年再訪。


スライドショーにまとめてみました。

2007年5月10日・2018年7月31日

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)







関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop