花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・洲崎

東京の遊里跡洲崎を探索して来ました。
「全国遊郭案内」によると明治十二年に本郷根津から移転してきたもので、移転当時は僅か数十軒の仮宅だったが、何時の間にか洲崎遊郭と呼ぶようになり、全盛期では妓楼二百六十八軒、娼妓約二千五百人となったと記載されています。また、映画等でも川島雄三監督作品「洲崎パラダイス・赤信号」、坂東玉三郎監督作品「夢の女」の題材にもなっています。03年に初めて訪れて以来、暇を見ては訪れているのですが、今回「大賀」の取り壊し情報にて再訪してきました。
↓東京湾の埋立地に移転してきたもので、周りを掘割に囲まれた遊廓だけの町だった。「吉原大名、洲崎半纏」と言われたとおり、木場の職人衆の鳴らしたシマであり、戦後は赤線として洲崎橋を渡った西側を住宅地、東側をいわゆる赤線、特飲街にまとめられた。

2003_0306_120903AA.jpg

↓現在はアーケードになっている小売店の並ぶ商店街も、屋根、外壁を見ると赤線時代の建物である事がわかる。
タイル張りの円柱の柱、アーチ状の屋根等。

2003_0306_114055AA.jpg

↓アーケード(2012年)

2012_0204_124617AA.jpg

↓アーケード(2014年)
久々に再訪。取り壊された事はネットにて知っていましたが、
名残無く新しいマンションが建っていました。時の経つのは早いものです。

2014_0819_132910AA.jpg

2014_0819_132926AA.jpg

↓東側通り(03年)洲崎遊廓は空襲で全焼。戦後は東側の半分だけが特飲街として残された。

2003_0306_115443AA.jpg

↓アパートとして現役の建物。ピンクの屋根、グリーンの豆タイルが綺麗(現存せず)。

2003_0306_115008AA.jpg

↓上の建物を入口付近からデジカメ(現存せず)。

2003_0306_115725AA.jpg

↓入口にピンクの豆タイルが残っています(現存せず)。

2003_0306_115613AA.jpg

↓当時は三つの扉を持つ建物だったと思われる建物。

2003_0306_115216AA.jpg

2003_0306_114444AA.jpg

2010_0615_124622AA.jpg

↓定食屋(03年)当時の外観をとどめている建物、1階は飲食店になっています(現存せず)。

2003_0306_114159AA.jpg

↓大賀(03年)現在「大賀」は選挙事務所になっていました(現存せず)。

2003_0306_114855AA.jpg

2003_0306_114752AA.jpg

↓取り壊しの情報にて再訪。新しく新築戸建てが建設中でした。

2012_0204_124015AA.jpg


2003年3月6日・2010年6月15日・2012年2月4日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する