花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

東京都・新宿2丁目光亜ビル解体

新宿2丁目の光亜ビル解体直前の画像です。
↓「赤線跡を歩く」赤本にも登場する光亜ビルの解体直前の画像です。1993年頃の写真と思われ、この頃に大部分の赤線時代の建物が姿を消して行きました。

04091504.jpg

04091503.jpg

04091502.jpg

↓表解体寸前の建物(1)通りの建物は解体済みで空き地になっています。次に取り壊されるのが正面の建物で、左下の入口から侵入、内部をゲリラ撮影したそうです(知人談)。

04091505.jpg

↓(1)の画像の室内画像

04091507.jpg

↓解体直前までアパートとして人が住んでいた気配があります。

04091510.jpg

↓(1)の画像の室内廊下から見た部屋の入口画像です。解体が進んでいます。

04091509.jpg

↓(1)の画像の室内画像

04091508.jpg

04091511.jpg


↓戦災に遭わなかった太宗寺閻魔堂

2003_0504_143013AA.jpg

↓太宗寺の玉垣には遊廓時代の屋号が刻まれています。

2003_0504_141702AA.jpg

2003_0504_141813AA.jpg

↓2丁目仲通り北側に位置する三社稲荷神社です。普段は屋台等が置いてあり陰に隠れていましたが、屋台を取りに払うと赤線時代のカフェの屋号が刻まれていました。

2003_0504_134923AA.jpg

↓赤線時代の屋号、新宿カフェ協同組合なのですね。

2004_1022_161545AA.jpg

2004_1022_161557AA.jpg

2004_1022_161645AA.jpg

↓2丁目のカフェ時代の屋号を刻んであった三社稲荷神社が2005年1月に取り壊されてしまいました。ビルが建つのでしょうか?ちょっと寂しい気がします。

2005_0201_131706AA.jpg

2005_0201_131728AA.jpg

2003年5月4日・2004年10月22日・2005年3月15日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する