花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

岡山県・東中島・西中島

2016年7月、11年ぶりに再訪してきました。



岡山県の遊里跡、東中島、西中島を探索してきました(2005年)。
↓東西中島は、明治十年に遊廓となって花街として栄えました。
「京橋を渡る」と言う言葉が色里に行くという隠語にもなっていたそうです。

2005_0127_152810AA.jpg

西中島界隈
↓東西中島は旭川に浮かんだ中洲のような二つの島で、京橋、中橋、小橋と言う三つの橋によって繋がれています。

2005_0127_150513AA.jpg

2005_0127_152336AA.jpg

2005_0127_151337AA.jpg

2005_0127_150021AA.jpg

2005_0127_152415AA.jpg

↓三つの橋をまたぐ国道の新京橋から東中島を望みます。

2005_0128_082143AA.jpg

↓新京橋から東中島の趣のある建物を見てみました。

2005_0128_082011AA.jpg

↓東中島の中でももっとも趣のある建物です。玄関磨りガラスに屋号を見ることが出来ます。

2005_0128_082749AA.jpg

↓そのまま映画のセットで使えそうな雰囲気です。

2005_0128_082736AA.jpg

↓同じ建物を川沿いから見てみました。かつては川面に映る灯火が美しかった事でしょう。

2005_0128_084041AA.jpg

↓新京橋から西中島、中橋を望みます。

2005_0127_151854AA.jpg

↓東中島界隈

2005_0128_081851AA.jpg

↓小橋の袂にあったお稲荷さんです。

2005_0128_082625AA.jpg

2005年1月28日
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

PageTop