花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

滋賀県・草津

滋賀県の遊廓跡「草津宿」を探索してきました。
「全国遊廓案内」によると妓楼は十軒程、娼妓は約三十人とある。
↓草津東新地と呼ばれた場所は旧東海道からちょっと奥まった所にあり、
現在では余り名残はないものの、区画をみるとその当時の雰囲気が分かります。

2012_0303_141007AA.jpg

↓出世地蔵と水子地蔵尊

2012_0303_141339AA.jpg

↓とっても小さな祠ですが、奉納された中の扁額を見ると此所に遊里在りとの記載があります。

2012_0303_141402AA.jpg

2012_0303_141243AA.jpg

↓草津界隈の町並み。

2012_0303_141807AA.jpg

2012_0303_141814AA.jpg

2012_0303_141935AA.jpg

2012年3月3日

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する