花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

広島県・広島・尾道

広島県の遊里跡、広島、尾道を探索してきました。
「全国遊郭案内」によると広島市には東遊廓(下柳町)、西遊廓(船入町)の二遊廓記載。また、「夜の女性街・全国案内板」だと終戦前まで軍部のおかげで料亭は三百名の宴会場を持つ羽田別荘をはじめ三百十軒、芸妓七百名、娼妓五百名を誇ったがピカドンで完全消滅ともある。
↓下柳町界隈の町並み

2006_0119_083112AA.jpg

2006_0119_080707AA.jpg

2006_0119_081521AA.jpg

2006_0119_082042AA.jpg

2006_0119_082025AA.jpg


2006_0119_081422AA.jpg

↓船入界隈の町並み

2006_0119_090208AA.jpg

2006_0119_090323AA.jpg

2006_0119_090500AA.jpg

2006_0119_090611AA.jpg

2006_0119_091916AA.jpg

尾道界隈
↓駅から東へ十五分、焼けない新地に集まるもの五十軒、百八十名とある。
あまり名残はなかったが、その界隈には料亭、狭い路地に旅館が軒を連ねる。

2006_0118_131344AA.jpg

2006_0118_143120AA.jpg

2006_0118_143656AA.jpg

2006_0118_152131AA.jpg

2006_0118_143420AA.jpg

2006_0118_143831AA.jpg

2006年1月18日
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する