花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

京都府・五条楽園

京都の遊里跡、五条楽園を探索してきました。


2017年春うらら。

2004年から幾度となく訪れている五条界隈です。数年前に京都府警の摘発をうけ、現在殆どのお茶屋や置屋(性風俗を含む)は一斉に休業している。袖看板など外されたお宅も多いが、大正から昭和初期に建てられた唐破風屋根を持つ京町屋、豆タイルに彩られたカフェスタイルの建物が少なからずも現存している。ここでは2004年の画像と比べてみました。

↓リノベーションらしき建物補強の工事をしているお宅もありました。
個人宅でなければ何らかの店舗になるのでしょうか?

20160517_065835.jpg
(16年)

↓此方の目新しいタイルのお宅は、早朝見ると何だろう?と思いますが、
お昼から営業をなさっている居酒屋(にこみ屋六軒)さんでした。

20160517_064939.jpg
(16年)

↓夜の感じはこの様になります。雨模様、スマフォカメラで失礼いたします。
訪れたのは午後8時位、お値段もとてもリーズナブルで心地よい一時を過ごすことが出来ました。
午後2時からオープンしているようなので、昼探索ついでに軽くビールも良いかと思われますね。
因みに此方の高瀬川界隈は5月~ホタルが多く見る事が出来ます。

2016_0519AA.jpg
(16年5月)

↓此方の矢印看板は現存していません。

2004_1125_085952AA.jpg
(04年)

20160517_065620.jpg
(16年)

2004_1125_090143AA.jpg
(04年)

↑↓歌舞練場の袖看板は外され、提灯もなくなっています。

2014_0206_094434AA.jpg
(14年)

2004_1125_090229AA.jpg
(04年)

2004_1125_090329AA.jpg
(04年)

2004_1125_090414AA.jpg
(04年)

2014_0206_092953AA.jpg
(14年)

↑↓大体同位置から撮影

2004_1125_090355AA.jpg
(04年)

↑↓左側の建物は窓枠の位置からして同じお宅のようです。
となると、右側の建物は↓画像中央カラフルタイルのお宅、お玄関がシャッターに変わっています。

2014_0206_081438AA.jpg
(14年)

2014_0206_081444AA.jpg
(14年)

2004_1125_090610AA.jpg

2004_1125_090601AA.jpg
(04年)

2004_1125_090757AA.jpg
(04年)

2004_1125_090916AA.jpg
(04年)

2004_1125_091613AA.jpg
(04年)

2004_1125_090037AA.jpg
(04年)

2004_1125_091715AA.jpg
(04年)

↑↓お二階部分が10年前よりアーチを描く窓枠になっています。

2014_0206_082716AA.jpg
(14年)

2014_0206_082642AA.jpg
(14年)

2004_1125_091837AA.jpg
(04年)


2004年の現役時代はネット上でも詳しい情報少なく、某事務所があると言うことなので余り奥には入れませんでした。
今回も早朝ながらやはり緊張しながらの探索です。屋号の看板も取り去られていますが、前回探索時には見つけられなかった建物も多かった。

↓高瀬川から鴨川側にかけて、数軒のカフェスタイルの建物が残ります。

2014_0206_093700AA.jpg

2014_0206_093020AA.jpg

↑↓屋号看板も取り去られたのでしょうか。この界隈でよく目にするグリーンの庇もぼろぼろです。

2014_0206_093034AA.jpg

↓綺麗な豆タイル装飾に彩られています。空き地、駐車場もちらほら。

2014_0206_093052AA.jpg

2014_0206_093103AA.jpg

↓お二階部分とても良い感じです。

2014_0206_093238AA.jpg

2014_0206_093146AA.jpg

↓以前から名前は知っていた平岩旅館の場所も確認。

2014_0206_093527AA.jpg

2014_0206_093533AA.jpg

2004年11月25日・2014年2月6日・2016年5月17日

PageTop