FC2ブログ

花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

静岡県・伊東

静岡県の遊里跡、伊東を探索してきました。

(2018年再訪)

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)






~~過去のブログ~~
前回は2006年の探索、今回2015年1月、9年ぶりに伊東を探索してきました。
町並み自体は其れほど変わっていないものの、屋号等々は変わり新たな店舗になっていました。

↓伊東温泉、猪戸新地「宵まち通り」の一画に古いアーチが残っています。
思わず「三丁目の夕日」の世界にタイムスリップしたような感じです。

2006_0309_130334AA.jpg
(06年)

2006_0309_130433AA.jpg
(06年)

↓宵のまち通りには呑み屋、スナックなどが建ち並んでいます。

2006_0309_130542AA.jpg
(06年)

↓レトロな理容室

2006_0309_130609AA.jpg
(06年)

2006_0309_130647AA.jpg
(06年)

2006_0309_130705AA.jpg
(06年)

2006_0309_130735AA.jpg
(06年)

2006_0309_131030AA.jpg
(06年)

2006_0309_131434AA.jpg
(06年)

2006_0309_131517AA.jpg
(06年)

↓円柱豆タイルが残る古い美容室

2006_0309_131619AA.jpg
(06年)

2006_0309_131639AA.jpg
(06年)

↓2015年此方の建物は変わらぬままに。

2015_0113_102852AA.jpg
(15年)

↓猪戸界隈お稲荷さんが八百屋の店頭になっていました。

2006_0309_133741AA.jpg
(06年)

↓昭和三年に創業された「東海館」は旅館としての長い歴史に幕を閉じた後、伊東市に寄贈され文化施設として保存されています。

2006_0309_134517AA.jpg

2006_0309_141100AA.jpg

↓桜木町界隈の町並み

2006_0323_154226AA.jpg
(06年)

2006_0323_154246AA.jpg
(06年)

↓此方の界隈↑の建物は駐車場になっていました。

2015_0112_154323AA.jpg
(15年)

2006_0323_154501AA.jpg
(06年)

2006_0323_154512AA.jpg
(06年)

2006_0323_154622AA.jpg
(06年)

2006_0323_153131AA.jpg
(06年)


三喜旅館(06年宿泊)
↓普段は日帰り圏内の伊東温泉ですが、ネット検索で木造三階建て戦前の建物に惹かれ宿泊してしまいました。お一人様OK!料金もリーズナブル!!部屋食ではありませんでしたが、食事処の雰囲気も良かった。

2006_0323_155656AA.jpg
(06年)

↓2015年1月、雰囲気ある猪戸界隈の路地は現在も残っていました。
微妙に壁の色が変わっていました。

2015_0113_103523AA.jpg

2015_0113_103542AA.jpg

↓宵まち通りの町並み

2015_0113_103101AA.jpg

2015_0113_103114AA.jpg

2015_0113_103241AA.jpg

2015_0113_103007AA.jpg

2015_0113_102925AA.jpg

↓06年探索時は気が付かなかったスナック集合建物。
廃屋具合が何ともいえません。

2015_0113_103854AA.jpg

2015_0113_103925AA.jpg

↓此所に静岡県鑑札「カフェー」若しくは「バー」の鑑札があれば良かったのですがね。
肝っ玉が小さいのでゴミためから先は入れませんでした。
因みに静岡県の鑑札は富士山マークです。

2015_0113_103938AA.jpg

2015_0113_103959AA.jpg

↓全国津々浦々温泉街の廃ホテルは、何処となく寂しげな表情をしていますね。
かつては賑わったと思われる昭和遺産の大型観光ホテル。
此方の伊東グランドホテルもそのひとつ。

2015_0112_141438AA.jpg

↓折しも丁度今回探索時に岡本ホテルが解体中でした。
数年前に巨額詐欺なんかの事件で破綻したホテルグループと記憶しているのですが。

2015_0112_154723AA.jpg

↑2013年5月には反対側の7階スイートルームからの出火があったそうですね。
当時は廃業後で不審火とされています。
帰宅後検索サイトにて確認。反対側には燃え跡のような痕跡が残っていましたが、デジっていなかった。反省。

2015_0112_154845AA.jpg

2015_0112_155020AA.jpg

今回の伊東温泉宿泊宿は伊東園グループ伊東園ホテル松川館でした。
宿泊したことのある伊東園ホテルの中で伊東の伊東園に宿泊するのは初めてでしたが、老舗観光ホテル旧伊東大和館の名残を感じることが出来ました。館内パブリックスペース広いのが良いですね。
修善寺街道を挟み地下通路で道路の反対側の離れに行けるのもちょっと吃驚。
まあ、歌広場グループの宿で、お客様の声では「老朽化」とか「食事がまずい」等と言う声もありますが、ドリンク&アルコールフリーで7800円+税(8%になり割安感は余りなくなりましたが)、結構気に入っています。
何せ1番良いのが「お一人様OK」という書き出しだったかも知れません。
最近になりお一人様OKの宿は、検索サイトによりかなり選びやすくなりましたが、基本2名様以上でお申し込み下さいが多いのも事実ですね。

2006年3月23日・2015年1月12日・2018年12月25日

スポンサーサイト



PageTop

岐阜県・大垣

岐阜県の遊里跡、大垣を探索してきました。



2007年8月9日・2018年8月28日

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)





PageTop

三重県・鳥羽

三重県の遊里跡「鳥羽」を探索してきました。


2018年再訪。


スライドショーにまとめてみました。

2007年5月10日・2018年7月31日

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)







PageTop

愛知県・名古屋中村遊郭跡

愛知県の遊里跡、名古屋中村遊廓跡を探索してきました。
2018年7月「旧料亭稲本」は解体されていました。







スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)






2005年3月31日・2016年2月16日・2018年8月2日

PageTop

静岡県・三島

静岡県の遊里跡、三島を探索してきました。


2006年3月23日・2014年7月15日・2018年6月13日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)













PageTop

静岡県・清水

静岡県の遊里跡、清水を探索してきました。
よるの女性街・全国案内版だと町の真ん中に五十軒程固まっていると記載されている。
実際、静鉄新清水駅周辺に其れらしき雰囲気のある建物が点在していた(2006年)。
2018年再訪。新世界通り動画と共に06年画像をスライドショーにまとめてみました。



2006年8月24日・2018年6月14日

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)








PageTop

静岡県・浜松

静岡県の遊里跡、浜松を探索してきました。



2008年3月27日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)





PageTop

岐阜県・多治見

岐阜県の遊里跡、多治見を探索してきました。



2009年5月14日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








PageTop

三重県・桑名・松阪

三重県の遊里跡、桑名、松阪を探索してきました。



スライドショーにまとめてみました。

↓松阪界隈の町並み

2007_0510_114252AA.jpg

2007_0510_114710AA.jpg

2007_0510_114920AA.jpg

2007_0510_114936AA.jpg

2007_0510_115516AA.jpg

2007_0510_115358AA.jpg

2007年5月10日


PageTop

三重県・伊勢市

三重県の遊里跡、伊勢市古市を探索してきました。



スライドショーにまとめてみました。

2007年5月10日・2010年7月30日

PageTop