FC2ブログ

花街ノスタルジア

新宿の遊里跡にて四半世紀場末の呑み屋を開いていたこともあり、全国津々浦々の花街、遊里跡巡りに填っています。負のイメージからか文化財として残されることもなく、取り壊されて、消えゆく遊里の建物に惹かれます。

大分県・かんたん・豊後竹田

大分県の遊里跡、「かんたん」を探索してきました。


2018年かんたん再訪。


2016年かんたん再訪。

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)








遊里跡ではありませんが、豊後竹田の町探索はこちら。

↓以前は大分より別府市内を結ぶ大分電鉄線が走っており、
旧港町の「かんたん」という街に遊廓があった。

2003_0521_160554AA.jpg
(03年)

↓妓楼があったと思われる大通りの建物も姿を消してゆくのだろうか、空地、駐車場が目立ちます。

2003_0521_160731AA.jpg
(03年)

↓大分港を望む大通りには木造2階建ての建物が残っています。

2003_0521_161217AA.jpg
(03年)

↓アパートとして活用されているようです。

2003_0521_161149AA.jpg
(03年)

↓かんたん町で見つけた解体跡の空地。タイルが残っていました。

2003_0521_161248AA.jpg
(03年)

↓旧港町にある古い建物は新しくレストラン等にリニューアル中です。

2003_0521_161540AA.jpg
(03年)

↓2013年かんたん再訪。此方は時代がとまったかのように殆ど変わっていませんでした。
かんたん町の町並み(13年撮影)。

2013_0308_111530AA.jpg
(13年)

2013_0308_111647AA.jpg
(13年)

2013_0308_111902AA.jpg
(13年)

2013_0308_112013AA.jpg
(13年)

2013_0308_111624AA.jpg
(13年)

2003年5月21日.2013年3月8日・2016年8月3日・2018年10月31日


スポンサーサイト



PageTop

大分県・別府

大分県の遊里跡「別府」探索してきました。


2018年再訪。

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)







↓別府・浜脇温泉。別府八湯の一つに数えられている浜脇温泉はJR東別府駅近く、
朝見川の袂に数軒の建物が残っていました(2003年~)。

2003_0521_164048AA.jpg
(03年)

2003_0521_164546AA.jpg
(03年)

2003_0521_164215AA.jpg
(03年)

↓2013年10年ぶりに別府を再訪。NHKbsプレミアム「新日本風土記・別府」で浜脇界隈が以前遊里だったことが紹介されていたので、過去に撮った画像と確認しました。10年前は半信半疑ながらのアップでした。
此方のお宅は10年前と殆ど変わらず。新日本風土記でも映っていましたね。

2013_0308_132107AA.jpg

↓新日本風土記の中で紹介されていた「二幸荘」は旧遊里の建物そのままに、
仮装が出来る宿としても有名だとか。奥の提灯がある旅館です。

2013_0308_131429AA.jpg

↓裏から見てみました。コの字型で坪庭があるのでしょうかね。

2013_0308_131612AA.jpg

2013_0308_134512AA.jpg

↓03年年前探索はスピード探索でかなり見落としもありました。
空地等も多いのですが、ちょっとした路地裏も良い雰囲気を醸し出しています。

2013_0308_132429AA.jpg

2013_0308_132439AA.jpg

2013_0308_132452AA.jpg

2013_0308_132503AA.jpg

↓オマケ
今回別府行きの行程は東京東海道昼特急高速バスにて畿内入り。その夕刻南港から別府行きのさんふらわぁフェリーにて別府でした。ツアー名「弾丸フェリー」で別府泊なし。早朝着いて夕刻帰る。
画像は帰路の明石海峡大橋です。

2013_0309_061208AA.jpg

↓もう一つオマケは帰路の高速バスターミナル近くの梅田貨物駅。廃止になってしまったんですよね。と言っても関東人間なので余り愛着もなし。バス乗り場から近かったのでついデジカメしてしまいました。
(13年)

2013_0309_114957AA.jpg

↓すっかり更地になってしまいましたね。これから再開発なのでしょう。

2015_1008_073212AA.jpg
(15年)

↓BS-TBS 湯のまち放浪記「別府」では浜脇界隈の遊里跡を紹介。
当時の屋号も確認されました。

DSCN6148-20140101-173849.jpg

↓画像真ん中辺りの空き地にはつい最近まで「てんぐや」という妓楼が在ったそうです。

DSCN6149-20140101-173924.jpg

↓2015年再訪。
浜脇の妓楼は2015年10月、まだ残っていました。
遊里跡のネット情報は最近数あれど、情報古いと現在空地&駐車場の可能性大ですからね。
今後サブカルチャー等のご趣味で訪れる方は最新の日付画像に注意しましょう。
当方サイトの画像はクリックで撮影日時が確認出来ます。

2015_1007_153848AA.jpg

2015_1007_153952AA.jpg

2015_1007_154008AA.jpg

↓別府駅前通から、竹瓦温泉に抜ける路地裏、北浜界隈は別府の歓楽街。
スナック、呑み屋が軒を連ねる一画です。

2015_1007_073240AA.jpg

2015_1007_073410AA.jpg

↓早朝の竹瓦温泉。人も疎らです。

2015_1007_073143AA.jpg

↓駅近くのピンク映画館。

2015_1007_073850AA.jpg

↓オマケ・パート2
今回の別府行程もさんふらわぁ別府弾丸。
遊里跡探索よりもフェリーしたかったのです。
早朝到着で杵築巡り、空き時間で別府探索。
別府再訪エリアも愉しめました。
此方は早朝の別府の町並み。

2015_1007_064122AA.jpg

↓2度目の別府弾丸、前回は名門大洋フェリー帰路1便だったので、夜景ではなかった。
画像では余り感じ取られませんが、出港して暫くは別府の夜景を満喫出来ます。
なだらかな別府温泉街夜景がとても綺麗でした。

2015_1007_184812AA.jpg

2003年5月21日・2013年3月9日・2015年10月7日・2018年10月31日

PageTop

福岡県・八幡

福岡県の遊里跡、八幡を探索してきました。



もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)







かつて此辺は一帯に工場地帯であって、
急激な発展を遂げ人口は既に十万を突破している有様である。
従って遊廓の発展も素晴らしく、大正四年当時は、
僅か数軒の同業者に過ぎなかったものが、
今日では(昭和五年当時)26軒270名に増えている。(全国遊廓案内)
また、昭和三十年代記載では100軒、400名となり、
一大歓楽街だったと想像できますが、現在は殆ど名残は残っていませんでした。
此所はこうだという特定も出来ませんので、昭和の名残残す建物を探し探索してみました。

↓枝光駅より探索開始。
遊里だった白川町へは1キロほどの距離です。

2015_0910_172032AA.jpg

↓界隈の区画は今も昔も変わって居ないような気がします

2015_0910_160528AA.jpg

↓かつてはスナックだったと思わせる建物。
左の窓枠だけが何故かサッシではないですね。

2015_0910_161728AA.jpg

2015_0910_163029AA.jpg

2015_0910_163038AA.jpg

↓此方も以前はアパートか飲食店入居の建物みたい。
現在は学習塾と駐車場になっていました。

2015_0910_165541AA.jpg

2015_0910_165505AA.jpg

↑↓中央部分の意匠が何ともいえません。

2015_0910_164958AA.jpg

↓メイン通りと平行する裏通りに、かつては旅館か料亭だったと思わせる建物がありました。

2015_0910_162132AA.jpg

↑↓廃屋のようですが、塀の長さからしても、かなり大きなお宅のようです。

2015_0910_162055AA.jpg

2015_0910_162018AA.jpg

↓隙間から一寸だけお庭を拝見。植物が蔓延ってジャングルのようでした。

2015_0910_162203AA.jpg

↓商店街の昭和チックな建物。
理容室から定食屋までの流れが良い雰囲気を出しています。

2015_0910_162434AA.jpg

↓よく見ると定食屋さんは木造三階建てのようです。

2015_0910_162515AA.jpg

↓殆ど名残を見つける事の遊里探索。
折角なので緩やかな坂道を上ってみました。

2015_0910_165044AA.jpg

↓他の方のサイトによるとこの門柱のある現駐車場は
以前は病院だったそうです。

2015_0910_164933AA.jpg


↓商店街西側にはジェットコースターやらスペースシャトル等を望む「スペースワールド」何ですけれどね。
此方はとても懐かしい商店街です。

2015_0910_170610AA.jpg

2015_0910_170517AA.jpg

2015_0910_170451AA.jpg

2015_0910_170130AA.jpg

↓オマケ
今回の行程は初LCCにて福岡へ向かい、
新門司港から名門大洋フェリー~南港~京都から新幹線の行程でした。
LCC福岡往復より割高かつ時間も掛かりますが、エアホだけでは面白くもなく、
九州と畿内両方を愉しめるということなのです。
まあ、八幡遊里はその途中に在ったのでちょうど良かった。

2015_0910_103406AA.jpg

↓翌朝の明石海峡大橋。快晴でした。

2015_0911_070232AA.jpg

2015年9月10日・2018年10月11日

PageTop

福岡県・直方

福岡県の遊廓跡、直方を探索してきました。




2005年9月8日・2018年10月11日

もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)






PageTop

熊本県・天草本渡

熊本県の遊里跡、天草・本渡を探索してきました。



2012年4月22日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫) [ 木村聡 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)





PageTop

長崎県・丸山

長崎の遊廓跡、丸山を探索してきました。



2003年1月22日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。












続きを読む

PageTop

長崎県・長崎出雲

長崎県の遊里跡、出雲を探索してきました。



2003年1月23日・2012年4月23日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。











PageTop

鹿児島県・奄美大島

鹿児島県の遊里跡(呑み屋街)、奄美大島を探索してきました。



2011年2月25日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。














PageTop

熊本県・熊本・人吉・八代

熊本県の遊廓跡「二本木」を散策してきました。



スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。














↓歓楽温泉街ではなさそうだが、内牧温泉の街をぶらり。人影も疎ら。

_20101212_133727.jpg

↓一画に飲み屋街がありました。

_20101212_133553.jpg

↓中を覗くと迷路のような呑み屋街

_20101212_133541.jpg

↓宿泊した内牧温泉萬屋のロビーに貼ってあった旧建物の写真、以前は木造三階建てだったようです。

_20101213_064529.jpg

↓人吉界隈
前日の晴天に変わって人吉探索は雨模様。2010年12月中旬、火の国熊本も寒かった。

_20101213_124233.jpg

↓雨の中思うように探索出来ず、大まかな飲み屋街をデジカメする。

_20101213_124604.jpg

↓廃業ビルには劇場、秘宝館等が入居していたようです。

_20101213_125116.jpg

_20101213_124906.jpg

↓↑エントランス部分、秘宝館の看板が裏返しになっています。

_20101213_124921.jpg

↓八代界隈
全国遊廓案内によると八代町遊廓は貸座敷七軒、娼妓約六十名とある。

_20101213_164020.jpg

↓紺屋町界隈には飲み屋、料亭が軒を連ねる。

_20101213_164208.jpg

↓2010年12月中旬雨模様の八代、時刻は16時半をまわりデジカメするのもギリギリの時間帯の中、紺屋町「黄金」を探す。旧黄金は、八代で唯一の遊廓建築の面影を残している。

_20101213_163917.jpg

2010年12月13日

PageTop

宮崎県・美々津・延岡・細島

宮崎県の遊里跡、美々津、延岡、細島の町並みを探索してきました。



2008年1月16日

スライドショーにまとめてみました。
もし宜しければユーチューブの方チャンネル登録をお願い致します。








PageTop